語学留学について考える

語学留学は、語学力の向上を目的とした留学タイプのことを指します。現地では語学学校と呼ばれ、語学を教える専門の学校に通学をすることです。世界中に膨大な数の語学学校があって、世界中から留学生が集まって勉強しています。 語学留学は、その国で話されている言葉を学ぶのが一般的です。英語を学ぶ場合は、英語圏の国、主にアメリカ・オーストラリア・カナダ・イギリス。フランス語を学ぶ場合はフランス語圏の国、フランス・カナダケベック州。スペイン語を学ぶ場合はスペイン語圏の国スペイン・中南米に留学をするのが普通となっています。

語学留学をする場合、学校の受入れ年齢が重要ですが、8歳程度から受入れている学校もあります。
多くの場合は16歳以上となっていて、上限は設けられていません。
やる気さえあれば、誰でも留学することができます。

語学学校の最も多いタイプは私立の語学学校です。自社ビルの学校や大きなビルの中にいくつかフロアを借りて運営されている学校や、一戸建て改造した小規模な学校、歴史的価値の高い建物を利用した学校など、色々な建物が、学校の規模に応じて利用されています。
学校により設備・環境が異なります。都会・田舎の区別なく世界中に語学学校は存在し、設備や環境は色々ですので、留学先の学校については事前にしっかり調べることが重要です。

私立以外に、大学が運営している語学研修コースが大学付属語学学校です。本来は、大学に進学したい生徒で、 語学力が入学基準を満たしていない学生の語学研修を目的に設立されたものが多く、付属の研修を経て大学入学をする学生も多いです。 大学生と同じように大学の設備を利用でき、留学生だけでなく周りに大学生がいることから、地元の学生と交流を持つ機会も広がるということで人気があります。 その分、私立語学学校と比べると費用が高かったり、入学時期を大学の学期制とあわせる必要があったりします。また一クラスの人数が多く文法中心の授業が行われる場合も多いので自分の希望をしっかり定めて、下調べをすることが重要です。

そして、この他に私立キャンパス学校があります。私立語学学校でありながら大学のキャンパスを借りて授業をしている学校のことです。アメリカに多くある学校形態です。私立の語学学校と大学付属語学学校の両方の特徴を持つ語学学校です。大学のキャンパスを利用できる場合が多く、長期留学希望する人に多く選ばれています。

一人で留学の準備をするのは意外と大変です。 留学アカデミーは、当社に登録している30社の海外語学留学エージェントへ、一括資料請求ができる比較サイトです。あなたの希望に合う留学先を無料で探せます。 留学先を自分ひとりの力で探すのは困難ですが、留学エージェント紹介の実績1万件以上ある当社なら必ずお役に立てます。 語学留学なら留学アカデミーにお問合せください。

admin

コメントを送信する

あなたのメールアドレスは公開されません。

*